INFORMATION

NEWS

キム・ヨンデ、トップスターの演技…参考にした人は?

 

[韓国エンタメニュース]

 

俳優キム・ヨンデがトップスター コン・テソンを演じる感想を明かした。

 

20日午後、tvN新金土ドラマ『流れ星』の制作発表会がオンラインで行われた。この席にはイ・ソンギョン、キム・ヨンデ、ユン・ジョンフン、キム・ユンへ、パク・ソジン(Girl’s Day)、イ・ジョンシン(CNBLUE)、イ・スヒョン監督が出席した。

 

劇中トップスターに扮したキム・ヨンデは「僕は明るく溌剌としています。今回お見せするコン・テソンが明るい部分と重みのある部分、2つの姿があるのですが、その中で明るい方が僕と似ています。重みのある方は僕が学ばねばならない部分です。台本を見ながら新人だったので多く事を知ることになる台本でした。共感より良く知ることができ、周りのスタッフに感謝することを深く感じたり、そんな経験をしました」と語った。

 

またキム・ヨンデは「僕も実際にトップスターではないので、どのように歩みよればいいのか悩みましたが、よく見ると横にいらっしゃいました。あえて映像クリップなどを探しながらするのではなく、隣にいらっしゃるソンギョン姉さんは既にスターとしての姿を備えており、ジョンフン先輩もスウィートさを持っていらっしゃるので、見習えばいいと思いましたし、他の方々もとても素晴らしい方々なので現場で学んで成長しました」と語った。

 

 

 

 

一方『流れ星』は“星(STAR)たちの糞を片付ける様々な人々”という意味で、空の星のようなスターたちの後ろで彼らを輝かせるために血、汗、涙を流す人々のリアルな現場物語を描いたロマンチックコメディー。韓国にて来る22日夜10時40分より放送スタート予定だ。

 

写真提供:tvN

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI