INFORMATION

NEWS

『流れ星』キム・ヨンデ、“キスの匠”!?…女心を虜にする眼差し&マナー

 

[韓国エンタメニュース]

 

tvN金土ドラマ『流れ星』キム・ヨンデが“キスの匠”となった。

 

14日に放送された『流れ星』第8話でキム・ヨンデが女心を揺さぶった。トップスターのテソン役に扮した彼は劇中でもドラマ撮影中のためキスシーンを消化せねばならなかったが、奥ゆかしい眼差しとマナーで視聴者をときめかせた。

 

テソンのファンである女優ペク・ダヘ(チャン・ヒリョン)とのキスシーンでテソンは、緊張したペク・ダヘを気遣って先輩として心強い姿を見せ、撮影中にもプロらしく没頭し素早く撮影を終えて現場の雰囲気を高めた。キスシーン撮影時、テソンは自分の告白への答えがないハンビョルを想いながらやきもきし、現場でハンビョルが見守っているとさらにドキドキする気持ちだった。

 

テソンのキスシーンを見守ったハンビョルの心もうごめいた。吸い込まれるような眼差しで台詞を言う素敵な姿と告白の余波が一気に押し寄せてきたためだ。視聴者も「テソンがキスの匠だね」「私もドキドキした」など様々な反応でドラマの展開に興味を示した。

 

またハンビョルに積極的にアプローチするスヒョク(イ・ジョンシン)の存在も気にならざるを得なかった。テソンの気持ちを知ったスヒョクが引き続き彼を挑発し、ハンビョルと距離を縮めていく姿が視聴者にも緊張と面白さを同時に与えている。

 

このように回を重ねるごとにキム・ヨンデの演技が成熟し、イ・ソンギョンとむずむずするようなケミを見せて視聴者をドラマに夢中にさせている。スヒョクが挑発する時は燃える眼差しで嫉妬に包まれたり、ハンビョルの前で余裕のあるふりをするが実際にそわそわする姿は、間違いなく恋に落ちた男の姿で真正性も倍増させており、今後の展開が注目される。

 

一方『流れ星』は、韓国にて毎週金土夜10時40分より好評放送中だ。

 

 

写真出処:tvN『流れ星』放送画面キャプチャー

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI