INFORMATION

NEWS

『流れ星』放送終了、キム・ヨンデ×イ・ソンギョンら毎瞬間輝いた6人

[韓国エンタメニュース]

 

tvN金土ドラマ『流れ星』が主演を務めたイ・ソンギョン、キム・ヨンデ、ユン・ジョンフン、キム・ユンへ、パク・ソジン(Girl’s Day)、イ・ジョンシン(CNBLUE)の放送終了の感想と共にカップルビハインドスチールを公開した。

 

まずスターフォースエンターの広報チーム長“オ・ハンビョル”に扮し、ラブリーな魅力を誇ったイ・ソンギョンは「『流れ星』を愛してくださった視聴者の皆さんに心から感謝します。今作は俳優、スタッフの方々とのケミがピッタリで実際にも愉快な雰囲気の中で撮影をしました。皆さんの配慮のお陰で楽しく演じられた現場でした」と視聴者への感謝と作品に対する愛情を表した。

 

スターフォースエンターの看板俳優“コン・テソン”役を魅力的に消化し、イ・ソンギョンとの完璧なケミストリーで好評を得たキム・ヨンデは「『流れ星』を撮影出来てとても幸せでした。良い俳優・スタッフの方々が心を一つにして良い作品を作るために努力したのですが楽しくご覧頂けて本当に感謝しています。これからもより成長した姿でご挨拶したいと思います」と最後の挨拶を伝えた。

 

スターフォースエンターのマネジメント1チーム長“カン・ユソン”役を熱演したユン・ジョンフンは「イ・スヒョク監督、チェ・ヨンス作家先生、そして全ての制作陣、共にした俳優の皆さんに感謝の気持ちを伝えたいです。またこれまで『流れ星』とカン・ユソンを愛してくださった視聴者の皆さんにも心から感謝します。僕はもっと良い姿、良い作品でご挨拶したいと思います。ありがとうございます」と伝えた。

 

スターフォースエンターのマネジメント2チーム長“パク・ホヨン”役に扮し、可愛く情熱溢れる姿で視聴者を魅了したキム・ユンへは「7ヶ月間、幸せに撮影したので放送終了が名残惜しいですが、愛らしいホヨンと共に出来てとても嬉しく楽しかったです」と伝えた。

 

オンスタイル日報の芸能部記者“チョ・ギップン”役を演じたパク・ソジンは「ギップンを応援して、ギップンの痛みに共感してくださり、ギップンにとっては久しぶりにギップン(嬉しさ)溢れる2ヶ月間でした。これからも芸能界で苦労する全ての方々を応援し、私も女優の一人として私のために努力してくださる方々を愛し、感謝する気持ちで過ごしたいです」と伝えた。

 

最後にスターフォースエンターの顧問弁護士“ト・スヒョク”役を演じたイ・ジョンシンは「素敵な方々と一緒に作品を作ることが出来て幸せな時間でした。『流れ星』を撮影する時、皆が笑いながら楽しい雰囲気で撮影したので、そんな良い気運が視聴者の皆さんにも届くことを願っています。これまでご覧になってくださった視聴者の皆さんとファンの皆さんに感謝の気持ちを伝えたいです」と感想を明かした。

 

一方『流れ星』は、韓国にて去る11日に放送終了を迎えた。

 

写真提供:tvN

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI