INFORMATION

NEWS

キム・ヨンデ、次はラブコメ時代劇!ドラマ『禁婚令』出演決定

[韓国エンタメニュース]

 

キム・ヨンデ、パク・ジュヒョン、キム・ウソクがロマンティックコメディ時代劇『禁婚令:朝鮮婚姻禁止令(以下禁婚令)』に出演することが明らかになった。

 

MBC新ドラマ『禁婚令』は、7年前に皇太子妃を亡くし禁婚令を下した王イ・ホンの前に、死んだはずの皇太子妃に憑依出来るという結婚詐欺師ソランが現れ繰り広げられる愉快な宮廷詐欺ドラマ。チョン・ジヘ作家の同名Web小説を原作としており、Web漫画としても大きな人気を集めた作品。原作を手掛けたチョン・ジヘ作家が直接脚本を執筆する。

 

劇中では優れた演技力で代替不可な魅力を見せているパク・ジュヒョンが結婚詐欺師ソラン、キム・ヨンデが朝鮮を代表する愛妻家の王イ・ホン、そしてキム・ウソクが義禁府の道士イ・シンウォンを演じる。

 

Netflix『人間レッスン』で大衆の注目を集め、『マウス~ある殺人者の系譜~』『君へ行く速度493Km/時速493キロの恋』などで幅広い演技力を見せてきたパク・ジュヒョンは、『禁婚令』で詐欺師に扮し新たな演技変身に挑む。

 

『偶然見つけたハル』『ペントハウス』『流れ星』など、ドラマ界のブルーチップとして注目を集めているキム・ヨンデは朝鮮の王であり愛妻家のイ・ホン役を演じる。イ・ホンは愛する女性のためなら何でもできる人物で、キム・ヨンデが甘い魅力の詰まったキャラクターをどのように描くのか今から期待が高まる。

 

『ボイス』『君と私の警察授業』『軍検事ドーベルマン』などを通じてお茶の間に存在感をアピールしてきたキム・ウソクは、劇中で領議政家の長男で義禁府の道士イ・シンウォン役を演じる。イ・シンウォンは冷たいようで温かく、不愛想なようで甘い魅力を持つ人物だ。

 

このようにパク・ジュヒョン、キム・ヨンデ、キム・ウソクの三人がキャラクターと一体となり描き出す『禁婚令』がどのようなドラマとなるのか、すでに大きな注目を集めている。

 

写真提供:各所属事務所

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイトKOARI