INFORMATION

NEWS

キム・ヨンデ、自身初の時代劇に“ドキドキ”

[韓国エンタメニュース]

 

俳優キム・ヨンデがドラマ『禁婚令:朝鮮婚姻禁止令(以下禁婚令)』の主人公にキャスティングされた。

 

tvNドラマ『流れ星』でトップスター コン・テソン役で愛されたキム・ヨンデが、すぐさま次期作であるMBCドラマ『禁婚令』の主人公として出演が決定した。前作ではトップスターを演じたが、今回は朝鮮の王イ・ホンとなり視聴者に会いに行く。

 

『禁婚令』は、7年前に皇太子を亡くし禁婚令を下した王イ・ホンの前に、死んだはずの妃に憑依出来るという詐欺師ソランが現れて繰り広げられる愉快なロマンティックコメディ時代劇。キム・ヨンデは朝鮮の王イ・ホン役を演じる。イ・ホンは王であり愛する女性のためなら何でも出来る甘い魅力を持った人物だ。

 

『禁婚令』はチョン・ジヘ作家の同名Web小説を原作としており、キム・ヨンデ初の時代劇作品となる。キム・ヨンデは「以前から時代劇をやってみたかったのですが、良い作品に出演することになりドキドキしていますし幸せです」とキャスティングの感想を語った。続けて「台本を見てイ・ホンというキャラクターに魅力を感じ楽しく撮影できると思ったので、感謝の気持ちです」と撮影を控え期待を添えた。

 

一方MBCロマンティックコメディ時代劇『禁婚令』は、ドラマ『私の後ろにテリウス』などを手掛けたパク・サンウ監督が演出を、そして原作を執筆したチョン・ジヘ作家が脚本を手掛ける。今年下半期放送予定。

 

写真提供:OUTERKOREA

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイトKOARI