INFORMATION

NEWS

キム・ヨンデ、“初の時代劇、たくさん悩んだけど…”

[韓国エンタメニュース]

 

俳優キム・ヨンデがMBC新金土ドラマ『禁婚令:朝鮮婚姻禁止令』(以下:禁婚令)で時代劇に初挑戦した。

 

8日午後、ソウル・CGV龍山アイパークモールで『禁婚令』の制作発表会が行われ、演出を手掛けたパク・サンウ監督と、主演を務めたキム・ヨンデ、パク・ジュヒョン、キム・ウソクが出席した。

 

『禁婚令』は、7年前に皇太子妃を亡くし失意に陥り禁婚令を下した王イ・ホンの前に、死んだはずの皇太子妃に憑依出来るという結婚詐欺師ソランが現れて繰り広げられるセンセーショナルな宮殿詐欺劇。

 

劇中キム・ヨンデは、7年前に皇太子妃を亡くして失意に陥り、婚姻禁止令を下した王イ・ホン役を演じる。キム・ヨンデはイ・ホンについて「7年前に謎の事件によって皇太子妃を亡くし、ソラン(パク・ジュヒョン)に出会って再び愛を探すことになります」と説明した。

 

またキム・ヨンデは、王を演じるためにビジュアル的に努力した部分があるかと尋ねると「僕の中では最善を尽くしました」とし「扮装チームが努力してくださったので、朝鮮のイケメン王に少し近づいたのではないかと思います」と語った。

 

続けて内面的なキャラクター表現に対しては「イ・ホンは感情の起伏が激しい人物なので、それを見せるために悩みながら準備しました」と付け加えた。

 

今作でキム・ヨンデは時代劇に初挑戦した。彼は「時代劇というジャンルについて沢山悩みましたが、『禁婚令』はフュージョン要素がたくさんあるので、視聴者の皆さんが“朝鮮時代にもこんな印象があっただろうな”と思えるように、親しみを持って近づこうとしました。とても良い経験になりました」と語った。

 

一方『禁婚令』は韓国にて本日(9日)夜9時半より放送スタート予定だ。

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI