NOTICE

キム・ヨンデ、チュ・ジフン主演「アイテム」で新人らしからぬ存在感を残す

キム・ヨンデ,


[韓国エンタメニュース]
 
 
新鋭俳優キム・ヨンデが最近放送が終了したMBC月火ドラマ「アイテム」に出演し、カン・ゴン(チュ・ジフン)の少年時代を演じた。
 
劇中にてキム・ヨンデは、300人余りの死傷者を出した放火犯の息子になってしまったカン・ゴンの心の傷を表現し、新人らしからぬ内面の演技を見せた。
 
彼は火災事故の遺体安置所を訪れ、被害者家族から水を浴びせられながらも父親の放火に対して許しを請うシーンで心を打つ演技を披露、視聴者の視線を引き、最後の放送では父親と話をしながらカン・ゴンの痛みを抱いた感情を微笑みで表現し、視聴者の心を更に痛めた。
 
一方、キム・ヨンデはチョン・ジェヨン、イ・ギウ、イ・ソンウ、チェ・ウンなど多方面で活動をしている実力派俳優たちが所属しているOuter Korea所属の新人俳優だ。日本・中国のエージェントと専属契約を結び、現在は様々な次期作について検討している。海外からのラブコールとともに盛んに活動を繰り広げている彼の動向に注目が集まっている。
 

写真提供:MBC「アイテム」
 
 
韓国エンタメ総合サイトKOARI

一覧に戻る