NOTICE

【NEWS】新鋭キム・ヨンデ、新ドラマ出演へ…ソ・ガンジュン&パク・ミニョンと共演


restmb_jhidxmake(50)


[韓国エンタメニュース]
 
 
今韓国で最も注目の俳優の一人キム・ヨンデが、JTBCの新ドラマ「天気が良ければ訪ねて行きます」に合流することが決定した。
 
先日人気の末に終了したMBCドラマ「偶然見つけたハル(原題)」で冷たくてカリスマ溢れる姿はもちろん、愛に不慣れなキュートな魅力で視聴者からたくさんの愛を受けたキム・ヨンデが、新ドラマ「天気が良ければ訪ねていきます」に出演する。
 
「天気が良ければ訪ねていきます」は、ソウルでの生活に疲れ田舎に移り住んだ女性へウォン(パク・ミニョン)が、書店を営むウンソプ(ソ・ガンジュン)と再会しながら繰り広げられる心温まるヒーリングロマンスドラマ。イ・ドウ作家の同名小説が原作だ。
 
劇中でキム・ヨンデは、へウォンの高校時代の同級生オ・ヨンウ役を演じる。オ・ヨンウは、幼い頃常に一人で過ごしていた不遇な家庭環境のせいで、全てのことに無関心な人物。高校で事実上のTop1だった彼がへウォンに好感を抱きながら感じ始める様々な感情ラインと、今回の作品で見せる演技変身に注目が集まっている。
 
キム・ヨンデは所属事務所を通じて「とても良い作品に出演することになりすごく嬉しいです。小説も楽しく読ませていただきこの作品に必ず出演したいと思っていましたが、こうしてご一緒出来て光栄です。最善を尽くして良い演技をお見せ出来るように努力します」と伝えた。
 
2017年にWebドラマ「全知的片思い時点」でデビューしたキム・ヨンデは、多様な作品を通じて着実にフィルモグラフィーを重ねている新鋭として、今回の「天気が良ければ訪ねていきます」ではまた違った姿を見せてくれることに期待感が高まっている。
 
一方キム・ヨンデが出演する「天気が良ければ訪ねていきます」は、現在放送中の「検事内伝」の後続として来年2月に韓国で放送スタート予定だ。
 
 
写真提供:OUTERKOREA
 
 
韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

一覧に戻る