NOTICE

【NEWS】『ペントハウス』キム・ヨンデ、「イ・ジア先輩×オム・ギジュン先輩はいつも…」

kyd-15


[韓国エンタメニュース]


『ペントハウス』キム・ヨンデの一問一答が公開された。

キム・ヨンデはSBS月火ドラマ『ペントハウス』にチュ・ソクフン役で出演、混乱する青少年であり双子の妹を守ろうと何でもする兄として憐憫と驚愕を誘った。後半に入り、ぺ・ロナ(キム・ヒョンス)に惹かれながらロマンスムードを形成し、視聴者の関心を一身に受けている。また『ペントハウス』は、回を重ねるごとに視聴率と話題性を全て独占し“大人気ドラマ”となった。

次は『ペントハウス』チュ・ソクフン役で出演中のキム・ヨンデの一問一答だ。

Q1.『偶然見つけたハル』に続き『ペントハウス』でも制服を着ることになりましたね。どんな共通点と差異点がありますか?
『偶然見つけたハル』は学園物なので10代のファンの方が気づいてくれて、名前もキム・ヨンデよりオ・ナムジュと呼んでもらえて面白かったです。最近は多様な年齢の方が気づいてくれて、ソクフンだとおっしゃいます。共通点は完璧を追及しなければいけなかった成長背景ではないかと思います。違いは、そんな成長背景に対する明暗くらいですかね。オ・ナムジュはチュ・ソクフンに比べて少し明るく叙事があるとすれば、チュ・ソクフンは父親チュ・ダンテという人物から暗い影響をたくさん受けてきたキャラクターだと思って演じました。

Q2.ドラマがこんなに愛されると思いましたか?
台本を読みながらも興味津々な展開に時間が過ぎるのも忘れて楽しく読んだのを覚えています。たくさんの関心が集まるだろうと思いました。でも、こんなにも愛されるとは思いませんでした。

Q3.チュ・ソクフンというキャラクターを演じながらどんな点を重視しましたか?また、難しかった点は?
チュ・ソクフンを演じながら、そのキャラクターの呼吸を重視しました。父親チュ・ダンテという人物といる時の呼吸、母親シム・スリョンといる時の呼吸、妹チュ・ソッキョンといる時の呼吸、そして学校での呼吸まで。このすべてが違うと思って、どんな気持ちで彼らに接するのか、それから出てくる行動はまたどんなものなのか、そんな部分を重要視して研究しました。


kyd1-4


Q4.オム・ギジュン、イ・ジア先輩との呼吸はどうでしたか?
オム・ギジュン先輩、イ・ジア先輩2人ともとても良い撮影現場を作ってくださって感謝しています。いつも先に気を遣って下さり、演技について助言もたくさんしてくださいました。劇中チュ・ソクフンが父親の影響を受けて本人も知らないうちに父親の話し方を真似しているシーンがあったのですが、その部分についてオム・ギジュン先輩に連絡をしました。その時オム・ギジュン先輩は、公演準備でお忙しい時期だったにもかかわらず時間を作って丁寧に教えてくださり、どれだけ感謝したことか。

Q5.ぺ・ロナとのロマンスが話題です。どんな点に気を遣って演じたのか、普段の2人の関係はどうなのか気になります
ぺ・ロナという人物を好きになりながら、チュ・ソクフンの心的変化に神経を使いながら撮影に臨みました。心的変化によって妹ソッキョンに対する態度が変わり、父親の基準に合わせて完璧を追及しなければならない固定概念を少しずつ破りはじめました。(ロナ役を演じた)ヒョンスとは実際も仲が良いです。始めはぎこちなかったですが、性格もよく合うのですぐに仲良くなりました。

Q6.これから『ペントハウス』の視聴ポイントは?
今までも驚くような展開でしたが、これからも予想出来ない展開になります。予測できないストーリーで視聴者の皆さんを魅了できそうです。どんな結果を迎えることになるのかという期待で最後まで関心をお願いします!

Q7.視聴者の皆さんに一言お願いします
『ペントハウス』をご覧の皆さんに心から感謝し、これからも良い姿をお見せできるように頑張ります。最近は新型コロナウイルスで大変な日々をお過ごしだと思いますが、無事に過ぎ去って幸せな日が来ることを願っています。よいお年を過ごし、健康に新年を迎えられるように願っています。ありがとうございます!

kyd2


一方キム・ヨンデはドラマ『ペントハウス』だけでなく、KBS 2TV水木ドラマ『浮気したら死ぬ』にもチョ・ヨジョンを監視する国情院要員役で出演、次世代の“ライジングスター”として注目を集めている。



写真提供:OUTER KOREA

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI

一覧に戻る