NOTICE

【NEWS】キム・ヨンデ、広告界のホープに急浮上!

kyd-21


[韓国エンタメニュース]


ドラマ『ペントハウス』『浮気したら死ぬ』キム・ヨンデが広告界のホープとして浮上している。


キム・ヨンデは、SBS月火ドラマ『ペントハウス』でチュ・ソクフン役に扮し活躍中だ。去る18話は視聴率23.9%を記録、回を重ねるごとに興味津々な展開で視聴者の目と耳を魅了している。少しずつチュ・ダンテ(オム・ギジュン)に反感を示すソクフンの変化も興味深くなっている状況だ。またKBS 2TV水木ドラマ『浮気したら死ぬ』では、チョ・ヨジョンと呼吸を合わせながら劇に活力を吹き込んでいる。このようにキム・ヨンデは平日の夜の視聴率1位ドラマに相次いで出演し、視聴者の脳裏に深い印象を残しながら成長を続けている。作品の中のキャラクターを越えてキム・ヨンデにファンの関心も集まっており、個人SNSフォロー数も大幅に上昇している。


キム・ヨンデに向けた広告界の関心も熱い。彼は優れたビジュアルと185cmの高い身長で早くから注目を集めていた。現在、化粧品や衣料など多方面から広告モデルとしてラブコールを受けているという。広告関係者は「広告業界が多角化し、新しいライジングスターに関心が高い。キム・ヨンデは10~20代だけでなく、30~40代を越えて高年層まで認知度を高めており、さらに注目している」と伝えた。


キム・ヨンデは2017年ウェブドラマ『片思いの合図 特別編』でデビュー、その後MBCドラマ『偶然見つけたハル』のオ・ナムジュ役で登場し、10~20代視聴者の注目を集めた。また2020年の下半期を彩る話題作に出演、放送界で次世代の“ライジングスター”として注目を集める俳優の一人として成長し、今後の行方が期待されている。


一方キム・ヨンデはSBS『ペントハウス』シーズン2への出演が確定し、2021年にも様々な作品で視聴者に会う予定だ。



写真提供:SBS、OUTER KOREA



韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI


一覧に戻る