NOTICE

【NEWS】キム・ヨンデ、“『ペントハウス』は特別な経験”…その理由とは?

kyd-2



[韓国エンタメニュース]



ドラマ『ペントハウス3』キム・ヨンデが胸ときめく本音を伝えた。


4日午後、SBS金土ドラマ『ペントハウス3』の制作発表会がオンライン生中継で行われた。この席にはユジン、キム・ソヨン、イ・ジア、オム・ギジュン、ポン・テギュ、ユン・ジョンフン、ユン・ジュヒ、キム・ヨンデ、キム・ヒョンスが出席した。


『ペントハウス』でキム・ヨンデは、チュ・ダンテ(オム・ギジュン)の双子の息子チュ・ソクフン役で出演し、キャラクターと共に成長して視聴者から愛されてきた。チュ・ソクフンはチュ・ダンテの度を越える厳格さに傷つき歪んだ人物で、キム・ヨンデは実の母親以上の愛を与えてくれたシム・スリョン(イ・ジア)の死に傷つくチュ・ソクフンの悲しみと混乱の感情をディテールに描き出して好評を得た。


キム・ヨンデは「もう最後のシーズンだとは…。皆さんどのように見てくださるのか気になりますし、緊張しますがワクワクしています」と答えた。続けて「一つのキャラクターをこのように長い時間演じることはとても特別な経験だと思います。撮影を約1年以上行ってきましたが、それだけ先輩や同僚たち、スタッフの皆さんとの情が湧き、終わりだと思うととても残念です」と最後のシーズンに名残惜しい気持ちを表した。


また彼は「長い間、たくさんの撮影分量を無事に終えることが出来たのは視聴者の皆さんの愛と制作陣の皆さんの苦労があったからです。撮影しながらもその感謝を感じました。待っていてくださっただけに楽しくご覧いただけたら、とても嬉しいです。僕も視聴者として一生懸命視聴します」と伝えた。


kyd1-1


kyd2


kyd3



一方『ペントハウス3』は、韓国にて去る4日に放送スタートした。



写真提供:OUTER KOREA、SBS



韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI



一覧に戻る